ST、STM32 F4マイコンの最小製品の量産と開発ボードの提供を開始

多種多様な電子機器に半導体を提供する半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクスは、32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32F4アクセス・ラインの中でも最小のSTM32F410の量産開始を発表した。

また、同時にリリースした開発ボードであるNUCLEO-F410RBにより、小型、低消費電力、低コストな開発が可能になる。

 

STM32F410は、ARM(R) Cortex(R)-M4Fコアを搭載し125 DMIPS、339 EEMBC(R) CoreMark(R)(100MHz動作時)の性能を実現している。

ST独自のART Accelerator(TM)(注)や電圧スケーリングなどの低消費電力化に貢献するSTM32 Dynamic Efficiency(TM)機能により、動作時の消費電力は89μA/MHzまで低減されている。

STOPモードの電流もわずか6μAに抑えられ、ウェアラブル機器、IoT機器、センサ・ハブ、ビル・オートメーション、ヘルスケア機器、スマートフォンなどのアプリケーションにも適用することができる。

 

また、STM32F410に対応するNUCLEO-F410RBのリリースにより、低コストのSTM32 Nucleoボード・シリーズが拡張された。

このボードは、Arduino UnoとST Morphoに対応したコネクタが実装されているため、モーション・センシング、近距離無線通信(NFC)、Bluetooth(R)やIEEE 802.15.4無線ボードなど、各種拡張ボードとの接続も容易。

ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)、ミドルウェア、およびサンプル・コードで構成されたSTM32CubeF4スイートと最新のSTM32CubeMXコード・ジェネレータを組み合わせることで、完全なエコシステムを構築している。

 

超小型パッケージで提供されるSTM32F410は、64KB~128KBのFlashメモリと32KBのSRAMを内蔵し、モータ制御用タイマと32 ビット/100MHzタイマを含む最大6個のタイマなど、豊富なペリフェラルを搭載している。

SPI、I2C、I2SおよびISO 7816に対応したUSARTインタフェースを含む通信ポートの他、12bit DAコンバータなど、その他のSTM32F41xには無かった機能が追加されている。

STM32F410は、UFQFPN48やLQFP64パッケージの他、STM32F4シリーズの中で最も小型のWLCSP(2.55mm x 2.58mm、36バンプ)で提供される。

 

厳しい低消費電力化が求められるセンシング・アプリケーションの設計者には、STM32F410が採用しているSTの革新的なDynamic Efficiency技術であるBatch Acquisition Mode(BAM)が役立つ。

このモードでは、CPUとFlashメモリがオフの状態でセンサのデータを直接SRAMに取り込めるため、マイコンのパワーマネージメント・モードをより効率的に使用できる。

また、STM32F410には、Flashメモリを最適な省電力状態までパワーダウンすることが可能な、新しいRUNモードも採用されている。

 

NUCLEO-F410RBの価格は14ドルで、STM32F410の参考サンプル価格は、1.4ドル(Flashメモリ : 64KB、SRAM : 32KB、パッケージ : WLCSP36)から。

 

(注)ART Accelerator(TM):Flashメモリからの効率的なゼロ・ウェイト実行を可能にするSTの適応型リアルタイム・アクセラレータ

 

【関連リンク】
STマイクロエレクトロニクス

Previous

プロジェクター搭載ホームロボット cerevo “Tipron” CES2016レポート

GMS、最速1秒搭載・24時間センシングを実現するIoTデバイス“MCCS mini”の開発に成功

Next