ジェイエーアメニティーハウス、賃貸物件に大崎電気のスマートロック「OPELO」を導入

株式会社ジェイエーアメニティーハウスは、大崎電気工業株式会社の提供するスマートホーム向けIoTサービス「ホームウォッチ」を採用し、11月より順次ジェイエーアメニティーハウスが管理する集合住宅へスマートロック「OPELO(オペロ)」の導入を開始する。

スマートロック「OPELO(オペロ)」の主な特徴は以下の通り。

  • 既存の鍵を残したまま配線工事なしで簡単設置
    両面テープではないため落下リスクもなく、ドアを傷つけずに設置が可能。電池残量がなくなっても外部給電が可能。
  • ネットワークなしの安心セキュリティ
    ネットワークを利用しないため、ランニングコストもかからず通信トラブルリスクもない。維持費は電池代金のみ。
  • 様々なアイテムでの開錠方法
    ICカード、スマートフォン、シリンダー錠、暗証番号など多数の方法で開錠できる。また、紛失時の登録・抹消も自分で設定できる。スマートフォンでの開錠はNFC通信(※)を活用しているため、アプリを立ち上げる必要もなく、Bluetoothより圧倒的なスピードで開錠が可能。NFC通信で開錠した場合にはLINEやメールに開錠通知を送付することもできるため、子どもの帰宅などが分かる。
  • ワンタイムパスワードを活用した物理鍵なしの業務運用が可能
    入居モードと空室モードの二つのモードを保有し、簡単パスワードで管理ができ、鍵の受け渡しや管理業務から解放され開錠の遠隔化・自動化が可能。また、パスワード発行履歴が残るため、いつ・誰がどの部屋のパスワードを発行したかが分かる。シェアリング・民泊ビジネスでも活用可能。
  • 情報セキュリティ管理規格「ISO/ IEC27001」を取得
    「開錠履歴3,000件の保存」「オートロック機能」「不正開錠時の警報ブザー」など、高度なセキュリティ機能を搭載。

※NFC(Near Field Communication)とは、スマートフォンなどをかざして通信させる規格。

【関連リンク】
ジェイエーアメニティーハウス(JA amenity house)
大崎電気(OSAKI)
スマートホーム向けIoTサービス「ホームウォッチ」
スマートロック「OPELO」

Previous

STマイクロエレクトロニクス、 IoT機器の小型化・長寿命化に貢献する「STM32L4」マイコンを発表

NTT西日本と日本マイクロソフト、地方自治体向けクラウド事業で協業

Next