Qrioのスマートロック「Qrio Lock」がGoogleアシスタント対応、声で自宅の鍵を施錠可能に

Qrio株式会社は、スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」を、「Google アシスタント」に対応した(※)と発表した。

Google アシスタントへの対応により、「自宅(スマートロックの名前)の鍵を締めて」とスマートスピーカーやスマートフォンに話しかけることで、「Qrio Lock」を通じて自宅の鍵を施錠できるようになる。またドアロックの状態確認機能により、玄関に行くことなく解施錠状態を確認することができるという。

解錠機能は、Googleのスマートロックに対するサポート状況に合わせて対応する予定だとし、今後は「Amazon Alexa」「LINE Clova」へ順次対応を拡大していくという。

「Qrio Lock」の主な特徴は以下の通り。

  • スマートフォンで自宅ドアの解施錠が出来る
  • 施錠, 解錠操作のレスポンスを極限まで短縮
  • ハンズフリー解錠機能、オートロック機能
  • 合鍵を発行してシェアできる
  • 自宅ドアの施錠, 解錠操作の履歴を表示
  • 工事不要で、自宅の玄関ドアロックに簡単に取り付け可能
Qrio Lock(キュリオロック) | 最新スマートロック製品紹介動画

※Google アシスタント対応デバイスからのQrio Lock音声操作には、別売りのQrio Hub(Qrio Lock拡張デバイス)が必要。

【関連リンク】
スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」

Previous

シャープ、AIoT商品が体験できる全国キャラバン「COCORO+キャラバントラック」開始

Innovation Farmとロステーカ、Sigfox活用の低消費電力無線モジュールを共同開発

Next