Innovation Farmとロステーカ、Sigfox活用の低消費電力無線モジュールを共同開発

SigfoxパートナーのInnovation Farm株式会社とロステーカ株式会社は、STマイクロエレクトロニクス社の技術サポートにより、消費電流を削減したSigfox無線モジュール「IFS-M01」を共同開発した。

「IFS-M01」は、低コスト、低消費電力、長距離伝送を特徴とした通信規格であるSigfoxを活用し、長期間電池交換無しで利用できるよう、STマイクロエレクトロニクス社の低消費電力RFトランシーバーS2-LPを採用して開発された。

「IFS-M01」の特徴は以下の通り。

  • 低消費電力
    Uplink送信時に約23mA(Typ.)を実現し、低消費電流で利用が可能。
  • 外部マイコンが不要
    SDKを利用することで、外部マイコンを別途用意せずにセンサー接続やGPIO接続を行うことで消費電力やコスト削減が可能。
  • 最新のRC3cに対応
    Uplink/Downlink対応に加え、従来のRC3aと比較し送信周波数の帯域幅が、36kHzから192kHzに広がったことにより、ノイズから逃げやすくなり、結果安定した通信が可能。

同製品は2019年2月に量産開始予定で、今後Innovation Farmでは、「IFS-M01」を搭載した自社製品の開発を進めていくという。

【関連リンク】
Innovation Farm
ロステーカ(LOSTEAKA)

Previous

Qrioのスマートロック「Qrio Lock」がGoogleアシスタント対応、声で自宅の鍵を施錠可能に

スマートゲートの遠隔診療システム「スマートキュア」がCisco Webex Meetingsと連携、世界の医療機関との遠隔診療に対応

Next