DeNA、タクシー配車アプリ「タクベル」を新名称「MOV」に変更、全国展開リブランディング

株式会社ディー・エヌ・エーが提供している次世代タクシー配車アプリ「タクベル」は、全国展開を機にリブランディングを決定し、2018年12月5日(水)から新名称「MOV(モブ)」に変更する。

また、同日より東京都内23区を中心としたエリアでのサービスも開始予定。

次世代タクシー配車アプリ「タクベル」はこれまで、一般社団法人神奈川県タクシー協会と神奈川県内でサービスを展開してきており好調に推移している。

今回のリブランディングの背景には、全国展開を機にタクシー業界に新しい風をおこし、タクシー事業者と共に進化・新しさを発信していくために、「ちょっと先の未来(新しさ)」+「移動」を感じてもらえるようなコンセプトとして考案した。

「MOV」の名称は、「移動、人の心を動かす、感動させる」などの意味を持つ「MOVE」が由来で、ロゴデザインは、上空から見た車をシンプルに抽象化して表現している。「MOV」というサービスを通して、新しいタクシー移動体験を提供したいという想いを込めている。

「MOV」は2018年12月5日の東京 23 区を中心としたエリア展開に加え、2019 年春には京阪神エリアでの展開が決定しており、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大していく予定。

なお、これまで利用されている「タクベル」アプリは引き続き利用可能だが、12月5日以降、アプリをアップデートすると、新アプリ「MOV」に切り替わる。
【関連リンク】
ディー・エヌ・エー(DeNA)

Previous

LeapMind、組込みディープラーニングの導入支援、3種類の「DeLTA-Family Support Package」

Plug and Play Japan、J-POWERとIoT分野での「エコシステム・パートナーシップ」を締結

Next