木村情報技術、問い合わせにAIが自動応答する「青森県観光AIコンシェルジュサービス」実証実験開始

木村情報技術株式会社は、青森県からの委託事業により、問合せにAIが自動で応答する「青森県観光AIコンシェルジュサービス」の実証実験を開始した。

「青森県観光AIコンシェルジュサービス」は、観光案内機能の充実・強化と観光案内所職員の業務負担軽減を目的に、青森県観光情報サイト「アプティネット」に搭載され、問合せに自動応答する。AIが回答できない場合は、青森県観光物産館アスパムに在籍する観光コンシェルジュにエスカレーションする機能も搭載。

現在は日本語のみ先行して運用中だが、多言語化(英語、簡体字、繁体字、韓国語)の準備も整い次第、公開予定だという。

【関係リンク】
木村情報技術(Kimura Information Technology)
「青森県観光AIコンシェルジュサービス」

Previous

立花エレテック、ロボットや近未来ミニチュア工場などを展示するショールームを東京支社に開設

ABB最大のイノベーション・製造拠点を中国厦門に開設

Next