ABB最大のイノベーション・製造拠点を中国厦門に開設

ABBは、中国南東沿岸都市の厦門タイマツハイテク開発区にABB厦門ハブを新設した。この新拠点は、425,000m2を誇るABB最大のイノベーション・製造拠点であり、3億ドルの投資が行われた。研究開発(R&D)、エンジニアリング、製造、販売、サービス、サプライチェーンマネジメント、コーポレート機能を含むABBの活動の全バリューチェーンを統合し、自らの施設内でインダストリー4.0の可能性を実証するという。

ABB厦門ハブは、主にABBのエレクトリフィケーション・プロダクト事業およびパワーグリッド事業の製品とソリューションの開発および製造に焦点を当てるという。ABBの低電圧電力システムの研究開発の拠点としては最大級であり、中国で最高電圧の1,200kV超高圧試験所がある。また、ABB中国では初となるデジタル接続されたリモートサービスセンターがあるという。

【関連リンク】
エービービー(ABB)

Previous

木村情報技術、問い合わせにAIが自動応答する「青森県観光AIコンシェルジュサービス」実証実験開始

IoTでのデータ収集、そして、その先へ

Next