大日本印刷、AI活用のアバターで実店舗のように接客できるバーチャル店舗向けユーザーインターフェース

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、ウェブサイト上のバーチャル店舗を展開している企業に対して、利用者があたかも実店舗で対面接客されているかのようなユーザーインターフェースを開発し提供するサービスを開始する。

このサービスは、ウェブサイトのコンテンツ管理システム(Contents Management System :CMS)と、DNPが培ってきたユーザーにやさしい表現手法(UI/UX)のノウハウを組み合わせたもの。DNPは、このサービスと連動したデジタルマーケティングを支援するサービスも提供していく。

今回、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が11月19日に開業するオンライン上のバーチャル支店「MUFGテラスサイト」にこのサービスが採用された。

バーチャル担当者「フィンシェルジュ」も選択できる
バーチャル担当者「フィンシェルジュ」も選択できる

バーチャル店舗向けインターフェースについて

  • 実店舗やウェブサイト上での顧客体験の実態調査から、バーチャル店舗を展開する際のUI/UX上の課題を抽出し、コンセプト設計から画面デザイン、顧客導線づくりまでの一連のプロセスを提供する。
  • コンテンツの管理基盤であるCMSには、動的なコンテンツの配信・管理に優れデジタルマーケティングに必要な機能を揃えたハートコア株式会社のHeartCore CXMを採用している。
  • MUFGテラスサイト」について

    顧客が本サイトで投資相談をすると、バーチャル担当者「フィンシェルジュ」が、リアル店頭で答えているような高品質な接客サービスを提供する。
    ①AIが回答する「無人チャット」での株価などの情報提供
    ②専門家が回答する「有人チャット」での投資相談
    ③メールでの24時間問い合わせ受付
    この3つのサービスからスタートし、今後、顧客の属性や要望に合わせたコンテンツの提供などに拡張していく。

    【関連リンク】
    大日本印刷(DNP)

    Previous

    オプティム、AI・ドローンを活用、農薬使用量を抑えたあんしん・安全な「スマート米」販売開始

    NECとNTTドコモ、5G実現に向けた高速移動環境における検証実験を開始

    Next