Capy、生体認証技術を活用したチケットレス入場の実証実験をスポーツイベントで実施

Capy株式会社は、生体情報による本人認証技術(以下、生体認証技術)を活用したチケットレス入場に関する実証実験を、11月11日に茨城県つくば市で開催された3人制バスケットボール試合「ALBORADA CUP 3×3 2018 #3」で実施した。

実証実験では、事前にチケット購入者にCapyが開発した専用スマートフォンFIDOアプリケーション「Secure Pass」を配布し、指紋や顔の生体情報を登録。入場の際に「Secure Pass」で生体認証を行うだけで、アプリケーションに座席情報が表示され入場することができるという。同システムを使用することで、チケットの偽装や不正転売を防ぐことが可能になる。

同システムで使用した「Secure Pass」は、複数のサービスで使用することができ、イベント管理者は専用のアプリケーションを作成せずに生体認証を行うことが可能。また、実証実験ではチケットとアプリケーションの連携方法として、ECサイト専用パッケージEC-CUBEのプラグインを作成し、簡単に既存サイトで生体認証システムとの連携ができるという。

【関連リンク】
キャピー(Capy)

Previous

KOANDRO、AIで自分好みのコーヒーが楽しめる「ドリップアナライザー」発表

レボーン、香りデータベースとAIを活用した「iinioi Project」開始

Next