シュナイダーエレクトリック、工場などIIoTの電源環境を支える小型UPS「SecureUPS」発売

シュナイダーエレクトリックは、UPS(無停電電源装置)のリーディングブランド「APC by Schneider Electric」から、IIoT(産業用IoT)環境に適した常時インバーター方式小型UPSの新シリーズ「SecureUPS」(セキュアユーピーエス)を国内で発売する。

今回の新シリーズは日本で先行して販売するもので、受注開始は、12月20日予定。

UPSは、突然の停電などの電源障害時に、PCや制御機器など接続されている機器に一定時間電力を供給する機器である。

昨今のIoTやAIなどの発達によりデータ活用が進むなか、工場などの生産現場でもデジタル化が進んでいる。

生産現場では、災害対策での電源保護の必要性に加え、ラインを管理するための産業用PCや制御装置なども瞬断はおろか電圧や波形の乱れも許されないケースがあり、空調や電源管理が整っていない環境でも効率的かつ安定的に稼働する常時インバーター方式のUPSが求められている。

今回販売を開始する「SecureUPS」は、生産現場で求められる常時インバーター方式を採用している。万が一の停電の際にも無瞬断で接続機器への電力供給が可能。また、幅広い温度・湿度にも対応し、オフィスに比べてほこりや工作機械の切削粉などが多い工場などにも設置可能な「汚染度3」に対応している。

このため、駅の券売機や運行管理用設備、自動改札機などへの設置にも適している。さらに、拡張バッテリーを10台まで搭載することができ長時間の停電時にも対応できる。これらの機能に加え、業界最高水準の力率0.9を実現し、より多くの機器との接続が可能、価格的にも競争力ある製品である。

発売する製品の参考資料

「SecureUPS」シリーズ仕様

製品名:SecureUPS Online 750VA / SecureUPS Online 1000VA
製品型番:XU750JJXXRX-JP / XU1K0JJXXRX-JP
運転方式:常時インバーター
定格入力電圧:AC100V/110V/115V/120V単相
最大出力容量:675W(750VA ) / 900W(1000VA)
推奨バッテリー交換時期:約8年 (周囲温度5-25)*
質量:約23kg
外形寸法〔高さ×幅×奥行(mm)〕:85 × 432 × 505 (2U ラックマウント対応)
使用環境:最大高度3,000メートル、湿度0~95%、温度-10~55(結露なきこと)
*放電の回数と周囲温度によって変化するため、交換目安は保証値ではありません。

主な特長

  • 拡張バッテリー対応 (最大10台)
  • 工場等でも設置可能な汚染度3対応 (添付ダストフィルター使用)
  • 業界最高水準の力率0.9
  • 広い環境温度帯域(-10~55℃)
  • 超長寿命バッテリー採用(最大8年)
  • LCDディスプレイによる設定・監視
  • 標準保証3年、標準保証を含めて最長7年までの延長サポート
  • RoHS指令(*3)準拠
  • 【関連リンク】
    シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)

    Previous

    日建設計とジオクリエイツ、「地震体験VR」を共同開発

    東芝デジタルソリューションズ、ビジネスを変革する高度なAI分析「SATLYSKATA」提供開始

    Next