日立、単身高齢者向け見守りサービス「ドシテル」を開始

日立グループの家電・空調事業を担う日立コンシューマ・マーケティング株式会社(以下、日立CM)と日立アプライアンス株式会社(以下、日立AP)は、離れて暮らす単身高齢者の部屋での様子や変化をスマートフォンで確認できる見守りサービス「ドシテル」を2019年4月に開始する。

見守りサービス「ドシテル」の主な特徴は以下の通り。

  • 単身高齢者の部屋での様子がいつでもわかる
    単身高齢者の部屋の壁などに活動センサーを設置し、24時間365日、在室状況や活動量を検知。検知した情報は無線LANルーターを通じて、サーバーに蓄積される。家族は、専用のスマートフォンアプリ(※1)を通じて、単身高齢者の様子をリアルタイムで確認できる。今後、日立のコネクテッド家電との連携も検討していくという。

    日立、単身高齢者向け見守りサービス「ドシテル」を開始

  • 部屋での活動の変化が見え、異変時には家族に通知
    単身高齢者の生活リズム・活動量(※2)・睡眠時間(※3)の情報を蓄積。家族は専用のスマートフォンアプリを通じて、それらの履歴を簡単に確認でき、単身高齢者の活動状態の変化に気づくことができる。また、日立グループが有する情報解析技術により、不在や静止状態が一定時間継続した場合には、家族に異変を通知する機能も採用。

    日立、単身高齢者向け見守りサービス「ドシテル」を開始

  • プライバシーへの配慮と厳密なセキュリティ管理
    「ドシテル」で使用する活動センサーは、プライバシーに配慮し、映像を使わずに日常生活の状態を検知する方式を採用。また、検知した情報を蓄積するサーバーは、外部からの不正アクセス防止などの対策を実施し、厳密なセキュリティ管理を行う。

※1 Android6.x/7.x/8.x、iOS11.x/12.xに対応予定(2018年11月22日現在)。インターネット接続環境が必要。
※2 人の動きの多さ、少なさを表している。
※3 睡眠時間は推定した目安時間。

【関連リンク】
日立コンシューマ・マーケティング(Hitachi CM)
日立アプライアンス(Hitachi AP)
見守りサービス「ドシテル」

Previous

木村情報技術と国立がん研究センター、医薬品情報データベース・AI質疑応答支援システム構築の研究を開始

三菱電機とNTTドコモ、5Gの屋外実験で通信速度27Gbpsに成功

Next