ルートレック・ネットワークス、スマート農業システム「ゼロアグリ」 生産者向け定額利用プラン提供開始

株式会社ルートレック・ネットワークスは、JA三井リース株式会社と、JFE商事エレクトロニクス株式会社と事業提携を行い、AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の定額利用プランを提供開始する。

プラン概要

国内のスマート農業システムの普及にあたって、初期導入コストの高さは、導入ハードルを上げる要因の1つ。生産者の投資リスクを低減したこのプランにより、生産者は自身の資金状態やニーズに合わせ、スマート農業機器の導入に対して柔軟な選択が可能となる。このプランにおいて、JA三井リースとはファイナンス面での提携、JFE商事エレクトロニクスとは資産管理(保有)面での提携となる。

プラン詳細

必要な初期費用は工事費、資材費、初期設定費のみで、ゼロアグリの本体費用については月額の定額料金の支払でゼロアグリの導入が可能。1年間はお試し期間として、導入1年後、栽培に満足いく結果が得られない場合、生産者は返還費用のみを負担するだけで契約の終了が可能。

継続利用する際には、引き続き定額で使い続けることが可能(リース契約への切り替えが発生)。

このプランは、動産総合保険つきのプランとなっており、火災や落雷、破損等の偶発的な事故によるゼロアグリの故障時も安心。生産者は低リスクでスマート農業機器を活用することが可能となる。

定額利用プラン 詳細>

期間  :0~12ヵ月
契約形態:定期レンタル契約
支払金額:¥33,800~/月
備考  :・導入時の工事費用、初期設定費用は本費用に含まれません。
     ・1年に満たない時点で契約終了することはできません。
期間  :13ヵ月~ ※使用継続する場合
契約形態:リース契約
支払金額:¥25,800~/月
備考  :・リースサービスのため、時期により金利は変動いたします。
     ・5年間の契約を前提とします。

【関連リンク】
ゼロアグリについて
ルートレック・ネットワークス(Routrek Networks)

Previous

製造の現場から得られた知見で行う、工場の可視化 ーi Smart Technologies 木村氏、ウフル 八子氏 インタビュー(前編)

NTTデータ、NTT、消防研究センター、救急ビッグデータを用いた救急自動車最適運用システムの実証実験

Next