AI通訳機「POCKETALK W」、居酒屋つぼ八で訪日外国人客向け接客ツールとして利用開始

ソースネクスト株式会社は、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」が、居酒屋などの飲食店を展開する株式会社つぼ八の18店舗で、訪日外国人客向けの接客ツールとして本日11月26日から利用開始されたことを発表した。

「ポケトーク W」は、世界74言語(※1)に対応した、手のひらサイズのAI通訳機。ボタンを押しながら話すことで、通訳がいるかのように対話ができる。

つぼ八は、居酒屋「つぼ八」をメインに、国内外合わせて259店舗(※2)の飲食店を展開している。近年、同店に訪れる外国人利用客の増加により、言語面のサポートツールとして、まずは18店舗で「ポケトーク W」を採用することとなった。

※1 2018年9月7日時点
※2 つぼ八社調べ 2018年10月末時点

【関連リンク】
ソースネクスト(SOURCENEXT)
「ポケトーク W」
つぼ八(TSUBOHACHI)

Previous

IDC、国内携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増、アップルがシェア47.4%でトップと発表

Plug and Play Japan、スズキとMobility分野での「エコシステム・パートナーシップ」を締結

Next