リアライズ・モバイルとUber、タクシー配車システムを連携

ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社(以下、リアライズ・モバイル)と、Uber Japan株式会社は、リアライズ・モバイルのタクシー配車管理システム「SMART」と、「Uber」のシステムを連携させて、本日から日本でのタクシーのステータス情報連携を開始した。

これまでリアライズ・モバイルは、クラウド型タクシー配車管理システムSMARTを活用して、専用車載機の購入をせず、タクシーにスマートフォンやタブレットを1台搭載することで効率的に配車管理業務ができるサービスを、フジタクシーグループをはじめとした日本のタクシー会社に提供してきた。

SMARTは専用の通信ユニットをタクシーメーターに接続して、スマートフォンやタブレットと通信して、各タクシー車両がどのような営業状態にあるのかというステータス情報を常時取得、効率的な配車を実現するという。

2018年9月から、Uberはフジタクシーと協業して名古屋地区でのタクシー配車サービスをスタートしているが、これまではUber側でタクシーのステータス情報を取得していなかったため、Uberのドライバーアプリで、配車可能かシステムとして把握できない状況だったという。

今回、両システムを連携させることで、各タクシー車両のステータス情報がUber側に共有され、より効率的な配車サービスが実現、空車検索時間の短縮などに貢献する。

【関連リンク】
リアライズ・モバイル(Realize Mobile Communications)
ウーバー(Uber)
フジタクシー(FUJI TAXI)

Previous

IDC、AIシステムの消費電力が2022年に国内データセンター全体の4.8%を占めると予測

NECと協業しマーケティングソリューションを共同開発していく ーマクロミル インタビュー

Next