東北システムズ・サポート、ペアリング端末が選べるライドオン型UHF帯RFIDリーダライタ「DOTR-3000シリーズ」発売

株式会社東北システムズ・サポートは、セパレート型RFIDリーダーの進化モデルで、本体上部にモバイルデバイスを乗せてICタグを読み取るライドオン型UHF帯RFIDリーダライタ「DOTR-3000シリーズ」を発売し、本日11月29日から受注を開始した。

同製品は、マルチOSおよびマルチデバイス対応により、ユーザーがペアリング端末を自由に選ぶことができる。また、Bluetoothでスマートフォンと通信しながらICタグを読み取るセパレート型の進化モデルで、ペアリング端末を本体上部に乗せて使用するライドオン型のUHF帯RFIDリーダーだ。

接続可能OSはAndroid、iOS、Windowsで、スマートフォンや業務用モバイル端末、タブレットやノートパソコンを接続先に選ぶことも可能。マルチOS、マルチデバイスに対応することで、スペックやメーカー、開発環境、予算などの導入条件に当てはまる端末を、ユーザーが自由に決めることができるという。

ラインナップは長距離読み取りに対応した高出力モデルと、電波申請不要で利用できる特定小電力モデルの2タイプ。アンテナから照射される電波は長距離をカバーできる円偏波で、重なったICタグも読み取るという。

東北システムズ・サポート、ペアリング端末が選べるライドオン型UHF帯RFIDリーダライタ「DOTR-3000シリーズ」発売

以下の様な適用が想定されている。

  • 流通・物流  :入出庫検品、トレーサビリティ、カゴ車・パレット管理など。
  • アパレル・小売:棚卸、検品業務、在庫確認、店舗間移動など。
  • サービス   :リネン品管理、イベント会場での入退場管理、イベント什器管理など。
  • 文教施設   :図書管理、棚卸、スポーツ用具貸出管理、教材管理など。
  • 医療・福祉施設:ME機器管理、医療用衣類管理、院内在庫管理、ユニフォーム管理など。
  • 製造・加工  :製造工程管理、異物混入防止対策、工作機械管理など。
  • 建築・建設業 :工具置き忘れ防止対策、点検ポイント探索、廃棄物トレースなど。
  • その他    :自動点呼、自動貸出・返却、個体探索、人的エラー防止など。

【関連リンク】
東北システムズ・サポート(Tohoku Systems Support)
ライドオン型UHF帯RFIDリーダライタ「DOTR-3000シリーズ」

Previous

テラドローン、「空飛ぶクルマ」開発するCARTIVATORへの支援開始

NTTコミュニケーションズとFFRI、サイバーセキュリティ人材を育成する新会社を設立

Next