日本で唯一の住宅向けAI・IoT展示会「第1回AI・スマート住宅 EXPO」が東京ビッグサイトで開催

PR

ITや医療、ファッション、食品、自動車などなど、さまざまな分野の見本市を主催するリード エグジビション ジャパン(株)(以下リード社)は、2018年12月12日(水)〜14日(金)に、東京ビッグサイトにおいて「第1回AI・スマート住宅 EXPO」を開催する。
公式WEB https://www.aihome-expo.jp/

この展示会は、「住宅・ビル・施設 Week 2018」において開催されるもので、「第3回[高性能]建材・住設 EXPO」「第3回スマートビルディング EXPO」「第1回施設リノベーション EXPO」との同時開催となる。

「第1回AI・スマート住宅 EXPO」は、AI(人工知能)やIoTを使ったスマート住宅技術、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連設備などが一堂に出展する日本で唯一の展示会。スマートスピーカーや遠隔操作によるホームセキュリティ機器などが身近な存在となりつつあるが、それらの最新製品・技術が一堂に出展する新しい展示会となる。

注目の製品・サービス・技術

「第1回AI・スマート住宅 EXPO」ではさまざまな製品が展示される。出展製品の一部を紹介すると、(株)リンクジャパンの「スマートカーテンeCurtain」は、世界初のスマホで開閉ができるスマートカーテン。外出先からカーテンの開閉状況を確認できるだけでなく、タイマー設定で生活パターンに合わせた自動開閉も行える。スマートスピーカーとの連携も可能だ。

また、(有)インフォソケットの「SmartRem Home」は、エアコン、床暖房、電気錠、照明などの操作、および温湿度センサーや人感センサーからの情報をスマホで確認できるコントローラー。サーバーやクラウドが不要な自己完結型のスマートハウスシステムとなっており、10万円以下という低予算でスマートハウスシステムの導入が可能。また、メンテナンス費用も不要だ。

このほかにも、ミラー型タブレットや大容量蓄電池搭載の太陽光発電システムなど多数出展予定で、なかなか直接見ることができない最先端の製品に触れることができる。リード社の展示会は、商談のための展示会という特徴があり、出展社の多くが商談席を設けている。製品説明や見積をその場で行う事ができ、新規導入を検討している方にとっては絶好のチャンスとなるだろう。

AI・IoT関連のセミナーも多数開催

「AI・スマート住宅 EXPO」開催中は、各種セミナーも開催される。コネクティッドホーム アライアンスとシャープ(株)が講演する「IoT住宅の最新技術と将来ビジョン」では、次世代住宅のあり方やスマートホームにおけるAI・IoTの必要な要素について講演。大和ハウス工業(株)が講演する「住まいとIoTのこれから」では、機器と人、社会のつながりについて講演、積水ハウス(株)が講演する「IoT社会における住宅メーカーの取組み」では、ZEHやHEMSの普及や最新の取り組みについての話が聞ける。

セミナー会場の様子

住宅だけではなく、ビルなどの商業施設や公共施設のAI・IoTについての講演も行われる。(株)竹中工務店とアズビル(株)が講演する「IoT化が進むスマートビルの最新動向」では、IoTやビッグデータを駆使した「Society 5.0」について解説。日本ビルメンロボット協議会とALSOK 綜合警備保障(株)が講演する「ロボット・IoTがもたらすビルメンテナンス変革」は、ロボットを用いたビルの警備や清掃により、労働力人口の減少にどのように寄与していくかについて言及する。

この他にも、多くのセミナーが開催される。事前申込制となっているので(一部有料)、気になるセミナーがある場合はあらかじめ申し込んでおこう。VIP来場登録(課長職以上)または5名以上での団体来場登録を行うことで、有料セミナーを無料で聴講することが出来る。

建築業界に関わる人ならぜひ見ておきたい展示会

住宅業界のスマート化の流れは、これから加速度的に進んでいく。そのスマート住宅の最先端の製品・技術を体感できる「第1回AI・スマート住宅 EXPO」は、建築業界に関わる人ならば来場する価値がある展示会だ。

なお、「AI・スマート住宅 EXPO」に入場するには招待券が必要となる。来場予定の方は招待券の事前申込み(無料)をしておこう。

招待券申込み(無料)はこちら https://www.japan-build.jp/inv/

Previous

インサイトテクノロジー、気象データ・過去の実績から翌日の来客数と注文数を予測『来客予測AI』

ソニー独自のLPWA技術「ELTRES」、100 km超の無線通信でひろがるIoTの可能性

Next