京セラコミュニケーションシステム、「Sigfox」の利用可能エリアを人口カバー率90%まで拡大

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)は、IoTネットワーク「Sigfox(シグフォックス)」の国内での利用可能エリアを人口カバー率90%まで拡大したと発表した。

Sigfoxは年額100円(※)から利用可能なグローバルIoTネットワーク。日本国内では、KCCSがSigfoxオペレータとして2017年2月にサービスを開始し、ネットワークサービスの提供を行うとともに全国にインフラを構築し、利用可能エリアの拡大を進めている。

当初のエリア展開計画は、2019年3月までに人口カバー率85%の予定だったが、2018年11月に90%まで拡大。今後もインフラ構築を進め、2019年3月末に95%、2019年夏には97%まで拡大する予定だという。

※通信料金は契約回線数および1日あたりの通信回数によって異なる。

Previous

Nextremerが農作物生産予測AIを構築、高知県・富士通と共同で実証開始

ナブテスコと凸版印刷、自動ドアに映像を投影する「コネクトドア」を共同開発

Next