電気自動車メーカーのファラデー・フューチャー、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションのダッソー・システムズは、米国のEV(電気自動車)メーカーであるファラデー・フューチャーが、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用したことを発表した。

ファラデー・フューチャーは、新型の電気自動車とコネクテッド・カー・エクスペリエンス・コンセプトの開発・公開に向けて、ダッソー・システムズのインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスである「ターゲット・ゼロ・デフェクト」と「スマート、セーフ&コネクテッド」を導入し、その成果となるコンセプトカーを米国ラスベガスで開催されたCES 2016で発表した。

 

ファラデー・フューチャーとダッソー・システムズの両社は、人と車の関わり方が抜本的に転換しつつあることを理解している。次世代型自動車の製造には、自動車設計に必要な従来の専門領域に、インターネット接続、代替エネルギー供給、自動運転技術などの新たな領域を統合する必要がある。

ファラデー・フューチャーは、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームが、設計とテクノロジーの迅速な統合を可能にする唯一のイノベーション・プラットフォームであると確信した。

 

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする「ターゲット・ゼロ・デフェクト」と「スマート、セーフ&コネクテッド」の導入は、400名以上からなるファラデー・フューチャー全社へ、2週間で完了した。これによってファラデー・フューチャーでは、設計、シミュレーション、製造準備が、他のどのソリューションでもできなかったやり方で可能となった。

 

3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、コンセプトカーから実車への移行のサポートに加え、今後完成予定のファラデー・フューチャーの生産拠点(米国ラスベガス北部)でも採用される予定だ。

「リーン・プロダクション・ラン」をはじめとするダッソー・システムズの製造オペレーション向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、工場の最適化、品質管理、設備稼働状況のリアルタイム可視化を目的とするファラデー・フューチャーのような企業で使われている。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームの幅広い機能を活用することで、ファラデー・フューチャーは最高レベルの水準を備えた工場を建設・運営し、今後の次世代型自動車の需要を先取りする。

 

【関連リンク】
ダッソー・システムズ
ファラデー・フューチャー

Previous

パルコ運営のクラウドファンディング「BOOSTER」、360°ショートアニメ「博士と万有引力のりんご」VR制作プロジェクト開始

医療用ウェアラブルチェア「歩ける椅子~archelis(アルケリス)~」、共同開発

Next