パナソニックの「HomeX」とクックパッドの「OiCy」、戦略的パートナーとして共同開発を開始

パナソニック株式会社とクックパッド株式会社は、パナソニックが展開するくらしの統合プラットフォーム「HomeX」とクックパッドが展開するスマートキッチンサービス「OiCy」で、食・料理領域の戦略的パートナーとして共同開発を開始する。

「HomeX」は、人それぞれの生活スタイルに合わせて、家電や住宅設備の機能を統合し、一人ひとりに寄り添ったきめ細やかな生活提案を行う、くらしの統合プラットフォーム。「OiCy」は、クックパッドに投稿されたレシピを、機器が読み取り可能な形式に変換してキッチン家電に提供し、レシピ内容に合わせて機器を自動で制御できるようにするサービスだ。

両社が共同開発を行い、くらしの中で人と家が寄り添う「新しい料理体験」を創出、「HomeX」対応住宅向けに提供するサービスや機能の充実を目指すという。

【関連リンク】
クックパッド(Cookpad)
くらしの統合プラットフォーム「HomeX」
スマートキッチンサービス「OiCy」

Previous

ソラコムの「SORACOM Air for セルラー」、富士山の銘水のIoTウォーターサーバーに採用

マーケットエンタープライズの買取機能がau HOMEに追加、家電をアプリで売却可能

Next