オプティムの店内カメラ映像からAIが消費者の行動を分析する「OPTiM AI Camera for Retail CE」、「蔦屋家電+」に提供

株式会社オプティムは、同社の「OPTiM AI Camera for Retail CE」を株式会社蔦屋家電エンタープライズが2019年4月に二子玉川 蔦屋家電内にショールームとしてオープンする「蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)」に提供する。

「OPTiM AI Camera for Retail CE」とは、店舗内に設置されたネットワークカメラで撮影された映像をAIが分析して「マーケティングデータ取得」「防犯セキュリティ強化」「業務効率化」の領域(※1)を支援する「OPTiM AI Camera」の「家電店」向けサービス。

  • 「マーケティングデータ取得」
    来店者分析機能を活用することで属性・年代取得、店内行動分析機能では動線・滞留分析、ヒートマップ作成を行うことができ、顧客の属性・行動データを出展者に提供することで、より良い製品開発やマーケティングに参加することができる。
  • 「防犯セキュリティ強化」
    不審挙動検出機能を活用することで店内での防犯に関わる不審な挙動を検出し注意喚起を促す。
  • 「業務効率化」
    スタッフ管理、エリア別滞在時間管理機能などで業務内容の可視化を行い業務の適正化を図れる。

今回、同製品を「蔦屋家電+」に提供する。「蔦屋家電+」とは、五感で楽しむ「体験」と創り手との「繋がり」を提供するショールーム型の次世代店舗。最新テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、優れた技術を生かして開発された日用品、食品などのほか、発売前の最新プロダクトにも直に触れ、感じることができるという。

「OPTiM AI Camera for Retail CE」を用いることで、来店者の属性および行動データをリアルタイムに個人を特定できないデータに変換・収集し、創り手にフィードバックする。「蔦屋家電+」での解析を行う際には、リアルタイムに高速かつ安定した解析処理を実現する環境を構築すべく、NVIDIAのGPU(※2)ディープラーニングプラットフォームを用いているという。

※1 「蔦屋家電+」では「OPTiM AI Camera for Retail CE」をベースにしたシステムを採用していますが、「防犯セキュリティ強化」「業務効率化」の機能は提供していない。
※2 GPU:Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット)の略、3Dグラフィックスを描画する際に必要となる大量の計算処理を受け持つ半導体チップ。近年では、ディープラーニングに必要となる膨大な計算処理をGPUが受け持っている。

【関連リンク】
蔦屋家電エンタープライズ(Tsutaya Kaden Enterprise)
「OPTiM AI Camera」

Previous

ライナフ、不動産の空室管理から入居者の鍵として継続使用可能なスマートロック「NinjaLockM」発売

クロスコンパス、データ持ち込みでAIの生成・評価ができる「AI Factory」開設

Next