Ayla NetworksのIoTプラットフォーム、LPWAなど低電力セルラーIoT機能を追加

Ayla Networksは、IoTプラットフォームに新機能を追加した。新機能により、Cat-M1やNB-IoTなどLPWAN(Low Power Wide Area Network)を含むあらゆるセルラープロトコル上で動作できるIoTソリューションを構築できるようになるという。

新しい機能は以下の通り。

  • エッジデバイスにセルラー接続を組み込むための4つの新規デバイスエージェントとモジュール
    Linuxセルラーエージェント、セルラーポータブルエージェント、SIMComおよびQuectelのハードウェアを利用したセルラーLPWANプロダクションエージェント 、QualcommセルラーIoT開発キット(SDK)とのコラボレーション。
  • APT社のNB-IoTサービスに活用されている、セルラーネットワーク経由のIoTクラウド管理の拡張
    自身の製品設計を変更することなく、メーカーはWi-Fi、LTE、Cat-M1、 NB-IoT、あるいはZigbeeやLoRaのような、その他のプロトコルを選択できる。これにより、Ayla Networksは住宅IoTアプリケーション向けWi-Fi接続、商業アプリケーション向けセルラー接続、産業アプリケーション向けゲートウェイ製品などで、顧客の幅広いニーズに応えることができる。

    さらに、一度Aylaプラットフォームに接続されれば、IoTデバイスは、バッテリーやデータ使用量の最適化などのAylaプラットフォームの機能を利用できる。例えば、遠隔地にあるバッテリー駆動のIoTデバイスがバッテリーが切れかかっていることやデータプランの上限に達したことなどのアラートを送ることが可能。デバイスのオペレーターは、デバイスには一切の変更を加えることなく、Aylaプラットフォームを通じバッテリーやデータ使用量を減らすことができる。

  • セルラーデバイスのデータを活用したビジネスアプリケーションを迅速に開発するためのAyla web SDK

このような新しいセルラーIoT機能がIoTプラットフォームに組み込まれることで、IoTデバイスのメーカーやIoTソリューションを提供するサービスプロバイダーは、Cat-M1やNB-IoTを含む低電力セルラーネットワークを自身の製品設計を変更することなく、活用できるようになうという。

【関連リンク】
エイラネットワークス(Ayla Networks)

Previous

電通デジタル、日本企業の63%がデジタルトランスフォーメーションに着手と発表

IoT人気記事ランキング|スマートウォッチ需要の変化など[12/10-12/16]

Next