STマイクロエレクトロニクス、Amazon FreeRTOSのサポートを拡充するSTM32用スタータ・キットを発表

半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、Amazon FreeRTOSのサポートを拡充する新しいSTM32用スタータ・キットを発表した。STM32は、Arm Cortex-M搭載32bitマイクロコントローラ(マイコン)の1つだ。

STは、半導体製品と、マイコン用のオペレーティング・システム(OS)であるAmazon FreeRTOSを組み合わせることで、最先端の小型・低消費電力機器のプログラミング、導入、セキュリティ保護、接続および制御を簡略化し、AWSを活用したIoT端末の開発に貢献している。

FreeRTOSカーネルに基づくAmazon FreeRTOSは、オープンソースのマイコン用OSとして幅広く利用され、小型で低消費電力機器をAWS IoT Core等のクラウドサービス、AWS IoT Greengrassを実装したより強力なエッジ・デバイスを、安全かつ容易に接続するソフトウェア・ライブラリによって拡張されてきた。

B-L475E-IOT01Aは、Amazon FreeRTOS向け開発キットで、Wi-Fiと多様なセンシング機能に加え、超低消費電力のArm Cortex-M4プロセッサ内蔵STM32L475を使用することで、さまざまなアプリケーションを実現できるという。また、Arduino Uno V3をサポートしており、LTEモデムやST SIMカードを接続したX-NUCLEO機能拡張ボードを使用することで、LTE Cat-M1 / NB-IoT通信にも対応している。

LTE Cat-M1 / NB-IoT向けソフトウェア・ライブラリX-CUBE-CELLULARが用意されており、セルラー通信の専門知識がなくても新しい組込みアプリケーションを簡単かつ迅速に開発可能。同ライブラリは、BSPのようなAPIを使用することができ、さまざまなモデムのATコマンドが取り揃えられている。

ライブラリにはステート・マシンが搭載され、接続制御やデータ通信、セルラー網に重大な影響を与える通信ロス等のエラー管理を行う。また、セルラー通信認証に必要なGSMA TS34/35サブセットも含まれている。

このスタータ・キットは、SPBTLE-1SによりBluetooth Low Energy 4.2にアップグレードされ、IoT機器をスマートフォンやタブレットのAWS用アプリでクラウドと接続し、ゲートウェイとして機能させることができるほか、「Amazon FreeRTOS for BLE」にも対応。イーサネット通信には、高性能Arm Cortex-M7プロセッサ内蔵STM32H743マイコンを搭載したNucleo-144ボード「NUCLEO-H743ZI」が対応しており、Arduinoコネクタによる拡張性も備えているという。

また、AWS Device Qualification Programによる製品認証を確実に行うための新サービスであるAWS IoT Device Testerにも対応。AWS IoT Device Testerによって、STとAWSの技術を組み合わせて利用するユーザは、テスト用インフラやソフトウェアの開発にかかる時間を短縮でき、STM32マイコンを使用した製品で設計どおりにAmazon FreeRTOSが確実に動作させられるという。

Previous

クロスロケーションズ、AI活用で商圏分析や買い回り分析を高速に視覚化する新機能を提供開始

CambrianRobotics、スマートフォンとWi-FiでAI・IoTロボット作成キットを発売

Next