イーソニック、超音波で限定的範囲に音声伝達が可能な「指向性超音波スピーカー」販売開始

株式会社イーソニックは、超音波を利用して限定的な範囲にのみ音声を届けることができる「指向性超音波スピーカー オール・イン・ワン タイプ」を2019年1月から販売開始する。

指向性超音波スピーカーとは、広がらない音を出すスピーカー。超音波を利用して音声を出力することで、限られた範囲にのみ、その音声を聞かせることができるという。15メートル以上(社内計測)離れた場所でもほとんど変わらない音量で聞くことができるという。

デジタルサイネージの補助装置として興味ある人にだけ音声案内することや、美術館や博物館で見ている展示物のみを音声案内すること、店舗で商品ごとの音声案内や、ATMや切符の販売機での音声案内にも利用可能だという。

【関連リンク】
イーソニック(e-Sonic)

Previous

エコモット、ディープラーニング活用のリアルタイム画像解析性能を高めた新型エッジAIカメラを発売

神戸デジタル・ラボ、金沢マラソンでSigfox通信を使用したIoT機器とランナー救護支援システムの検証

Next