京セラコミュニケーションシステム、AI活用の画像処理技術力強化のためRistをグループ会社に

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)は、ディープラーニングを用いた画像認識システムを技術検証からシステム開発、導入までをワンストップで提供している。

今回、AIを活用した画像処理技術力の強化を目的に株式会社Ristの全株式を取得した。

Ristはディープラーニングや機械学習を用いた画像システムの開発、データ解析を行っている企業だ。独自開発した画像比較検査手法により、少ない画像枚数で画像判定モデルを短期間で生成し製造ラインに導入している。

KCCSは、Ristをグループ会社に迎えることで、画像認識システム提供の技術力強化とスピードアップを図り、製造ラインにおける検査の自動化普及に貢献するとした。

【関連リンク】
Rist

Previous

IoT人気記事ランキング|東京大学がAIとスマートメーターで不在配送9割削減など[12/24-1/6]

金沢工業大学、AIが点字ブロックで音声案内する検証実験実施

Next