Cerevo、IoTでスキー技術を向上させるスキー板⽤センサーモジュール「SKI-1」を開発

IoTを利⽤してスキー技術を向上させたいというユーザーニーズに応えるため、株式会社Cerevoはスキー専⽤センサーモジュール「SKI-1(スキーワン)」を開発した。

SKI-1は、6軸センサー(加速度、⾓速度)、⾜部荷重センサーを搭載し、スマートフォンやクラウドとの連携機能を備えるスキー板⽤センサーモジュール。スマートフォン等と連携することで、記録したデータをリアルタイムにスマートフォンアプリ等で確認できる。滑りの状態を可視化することで⾃分の滑⾛を振り返りができ、テクニックの向上につながる。

また、GPSとLTEモジュールが搭載され、紛失した場合でもスキー板の位置情報を定期的に発信し、現在位置を特定する機能がある。

CerevoはこのSKI-1を、株式会社SnowSnowの「⽇本の匠の技」を取り⼊れた⽊製スキー板などを販売する総合スキー⽤品ブランド「Reine Deer(レインディア)」へセンサーモジュールとして提供する。

【関連リンク】
スキー専⽤センサーモジュール「SKI-1」

Previous

ウフルとNECがIoT領域で協業、IoTデバイスのセキュアな運用管理・データ活用型の新事業創出を支援

パナソニック、従来比2倍以上の出力と小型化を実現した小型EV向けプラットフォームを開発

Next