HOYAデジタルソリューションズ、 AI活用の画像認識サービスを提供開始

昨今、人工知能(AI)・ディープラーニングの技術は、急速な発展を遂げ、様々な分野への実用化が進んでいる。AI・ディープラーニングは、大企業だけではなく、中小企業が導入して成果を上げる時代に突入している。

そのAIとディープラーニング技術を用いて画像認識に特化したサービス「Voyance Scouter(ヴォヤンス スカウター)」を、HOYAデジタルソリューションズ株式会社が提供開始する。

「Voyance Scouter」は、画像認識の主要なタスクである「画像分類」「物体検出」を用いて、人の目で判断していた従来の作業から、情報量や質を向上できる。画像認識のサイトをテンプレートとして用意している為、最低17枚の学習用画像データがあれば、最小構成の「Voyance Scouter」サイトを最短3日で公開可能。クラウド型での提供で、高性能なGPUなど初期投資が不要だ。

【関連リンク】
HOYAデジタルソリューションズ(HOYA Digital Solutions)

Previous

センスタイム、自社専用テストコース「AI・自動運転パーク」開設

NEC・ANA・SBドライブ等6社、羽田空港で自動運転バスの実証実験を実施

Next