コニカミノルタジャパンとビープラッツ、「Workplace Hub プラットフォーム」のハイブリッド型従量課金基盤を共同開発

コニカミノルタジャパン株式会社は、オンプレミス環境とクラウド環境とを統合したハイブリッド型従量課金システムを、ビープラッツ株式会社と共同開発した。このハイブリッド型従量課金システムは、2019年4月に首都圏から順次エリアを拡大して販売される複合機とITサービスの統合進化型プラットフォーム「Workplace Hub プラットフォーム」の中核となる。

「Workplace Hub プラットフォーム」とは、コニカミノルタジャパンが独自で開発・構築・提供する「従量課金」「遠隔監視」「遠隔保守」「ストア機能(※)」などの複合機とITサービスを統合したシステム基盤。このプラットフォーム上で稼働するアプリケーションやサービスは、コニカミノルタの各種販売チャネルを通じてサービス提供される。

今回開発された「Workplace Hub プラットフォーム」の従量課金基盤では、ビープラッツが持つ、サブスクリプションビジネスの統合プラットフォーム「Bplats」により、各種ITサービスやアプリケーションのコストが、実際の利用量に応じた金額に最適化され、クラウド版およびオンプレミス版の各種アプリケーションの利用情報を、クラウド基盤に集約し請求を一本化することができる。

これにより導入企業では、実際の処理量や利用者数、端末数などの利用実績に基づいた課金が行われ、使用端末数や利用者の増加に伴うライセンスの追加購入が不要で、これまでサービス提供ベンダーごとに行っていた支払い処理の手間を省力化することができる。

一方、アプリケーションベンダーは、複雑な従量課金の仕組みを自社で構築することなく、Workplace Hub プラットフォームに対応させることで、従量課金対応が可能となる。

※ストア機能は2019年秋~冬頃より提供予定

【関連リンク】
コニカミノルタジャパン(KONICA MINOLTA JAPAN)
ビープラッツ(Bplats)

Previous

MomoとBIGLOBE、降雪量をリアルタイムに把握して効率的な除排雪をする「統合的除排雪IoTシステム」で協業

オムロンのi-BELT第3弾、「金型加工の切削最適制御サービス」提供開始

Next