フジ医療器、AI搭載のマッサージチェア発売

株式会社フジ医療器は本格的なマッサージを求める声に対応するために、AI技術を搭載し、一人ひとりの体形や部位の状態に自動的に合わせてきめ細やかなマッサージを実現した「サイバーリラックス マッサージチェア AS-2000」を発売した。

「5D-AIメカ」および「AIダブルセンシング」が開発され、AS-2000は、今まで以上に一人ひとりの体に合わせたマッサージを行う。

「5D-AIメカ」は、ユーザーの体の負荷状態などから得られる情報に合わせてリアルタイムに力加減、動作の緩急、圧力を自動調節し、安定した滑らかなマッサージを行う。「AIダブルセンシング」は、進化した高精度センシング技術で背すじラインと肩の高さを自動検知する。AIダブルセンシングが検知した体形情報と5D-AIメカから得られるユーザー情報をAIが組み合わせてマッサージに反映することで、自動的にユーザーに寄り添ったマッサージを実現する。

フジ医療器、AI搭載のマッサージチェア発売

リモコンには、視認性に優れた4.3インチの大型液晶タッチパネルを使用し、声で使い方をサポートする音声ガイド機能がある。音声とパネル表記は5つの言語(日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語)に対応。

この他、35種類のコース(自動コース23種類、部位集中技12種類)、マッサージ効果をサポートする豊富なストレッチ機能、上半身と足裏を温めるダブルヒーターが搭載されている。

メーカー希望小売価格はオープン価格、全国の家電量販店で販売される。

Previous

JR西日本とMAMORIO、IoT忘れ物自動通知サービスを開始

CAC、非接触で心拍数を測るソフトウェア「リズミル」の提供を開始

Next