STマイクロエレクトロニクス、スマートコネクテッド機器向けBluetooth・LPWA対応の無線開発キットを発表

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、Bluetooth Low EnergyとSub-GHz無線の同時通信に対応した無線開発キット「STEVAL-FKI001V1」を発表した。この開発キットは、さまざまな無線ネットワーク・トポロジ、プロトコルを使用しており、機器自体の設定や、更新、遠隔制御、追跡を必要とするスマート・センサやスマート・トラッカーのようなIoT機器の設計の開発や評価を容易にする。

STEVAL-FKI001V1には、STのBluetoothシステム・オン・チップである「BlueNRG-1」と、Sub-GHzトランシーバICである「S2-LP」が搭載され、デュアル無線アーキテクチャにより、柔軟に無線周波数帯域とプロトコル(Bluetooth Low Energyまたは独自規格の2.4GHz、Sub-1GHz、Sigfoxなど)を選択することが可能。

BlueNRG-1は、Bluetooth 5.0認証取得済みのソリューションのため、機器の導入時やメンテナンス時のセットアップ、設定、修正が容易な上、AndroidやiOSデバイスで動作するスタイリッシュなアプリでネットワーク・ノードのセンサをモニタリングできる。

Sub-GHzトランシーバICのS2-LPは、ローカル・ネットワークだけでなくグローバルなSigfox通信などのLPWANも導入できるため、イベントのリアルタイム通知といった機能を実現。さらに、Sigfox通信は細かい設定なしで利用できるため、機器やアセットのトラッキングと位置検出を迅速に始めることができる。

利用者は、メッシュ・ネットワークやポイント・ツー・ポイント通信で接続され、かつクラウドにも柔軟に接続可能なIoT機器を簡単に開発することができる。スマート・ホームやスマート・ビルディング、アセット管理、エネルギー管理、スマート農業、産業用モニタリング、産業機器制御などの用途で機器開発が可能。

例えば、利便性の高いスマート・ホーム向けのセンサ・エコシステムの場合、Bluetooth Low EnergyまたはSub-GHzによる無線リンクを使ったローカル・センサ・ネットワーキングとローカル・ゲートウェイあるいはシームレスなSigfoxネットワークによりクラウド接続されたシステムを組み合わせ、監視・遠隔モニタリングなどのアプリケーションを構築する事が可能だ。

この開発キットは、Arduino Uno V3コネクタを搭載しているため、MEMSセンサ、モータ制御、GNSSレシーバ、産業用入出力ドライバ、パワー・ドライバを搭載した広範かつ包括的なX-NUCLEO拡張ボードなどを使用して、簡単に機能拡張することも可能だ。

また、STEVAL-FKI001V1は、BlueNRG-Tileボードとの相互運用が可能なため、センサ・ノード、ローカル・ゲートウェイ、クラウドとのグローバル接続など、エンド・ツー・エンドのスマート・センサ・ソリューションを簡単に構築することができる。

BlueNRG-1 SoCの多様なインタフェースと、超低消費電力のArm Cortex-M0プロセッサ(256KBのプログラム・メモリ内蔵)を活用することで、任意の外付けセンサを接続し、ローカルでリアルタイムにデータを取得して処理することができる。STEVAL-FKI001V1にはSDKが付属され、開発の簡略化と期間短縮が可能になる。

ST BlueNRG-Meshソフトウェア・パッケージと組み合わせて使用することで、ネットワークを拡張することができ、Bluetooth Low Energy通信により、OTAによるファームウェア更新が可能だ。

STEVAL-FKI001V1は、Jorjin社のWS2118 RFデュアル無線モジュールをベースに開発され、コンセプトの検証段階から、試作、実証試験および量産へと迅速に移行できるソリューションを提供する。プログラム可能な超低消費電力無線モジュールには、パワー・マネジメントおよびイベント発生時に起動する機能が搭載されており、小型の一次電池で複数年の動作が可能。

STEVAL-FKI001V1は、STの販売代理店またはウェブサイトで購入可能で、価格は約56.00ドルだ。

Previous

B Inc.のこどものプログラミング学習用「IchigoJam BASIC」、「sakura.io」活用の通信用コマンドを標準搭載

今さら聞けないサイバー・フィジカル・システム(CPS)とデジタルツイン

Next