KCCS、屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」レンタル開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)は、顧客が自由にSigfoxネットワークを構築できる基地局レンタルサービスのラインナップに、新たに屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」を追加した。

Access Station Microは、サイズが約186×159×108mm、質量450gと超小型で低消費電力、見通し1~2㎞の範囲をカバーする。アンテナ内蔵、PoE給電方式(※)で場所を選ばず、従来型よりもさらに容易に設置が可能だ。

初期費用は1台9,800円(税抜)、1年契約で年額費用は1台34,800円(税抜)で利用できる。

※PoE(Power over Ethernet)給電方式は、イーサネットのLANケーブルを通じて、接続するPoE対応機器に電力を供給する技術。PoE対応機器へのACアダプタの設置や電源工事が不要になる。

Previous

DJI・日本マイクロソフト・NSW、ドローンとAI活用の建築物メンテナンスサービスの開発で協業

オプティムとみちのく銀行、スマート農業を推進する地域商社 「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立

Next