ノーリツのIoT給湯器リモコン、スマートスピーカーに対応開始

湯まわり設備メーカーの株式会社ノーリツは、本年3月1日より、浴槽へのお湯はり・追いだき・床暖房に加え、浴槽の自動洗浄を音声でできる新システムを開始すると発表。一部の既存リモコンの新システムへのアップデートと、新システム対応リモコンの追加発売を同時に展開する。

既存のリモコンに関しては、無線LAN対応給湯器リモコン「RC-G001EW」が、専用の「わかすアプリ」のアップデートにより音声サービスAlexa(アレクサ)に対応することで、「Amazon Echoシリーズ」を始めとするAlexa搭載のデバイスを通して音声操作が可能になる。これにより追加費用なく音声サービスを導入することが可能だ。

また、新システム対応リモコンの追加発売に関しては、環境・省エネ性と快適性を両立したハイブリッド給湯・暖房システム「ユコアHYBRID」用の無線LAN対応新リモコン「RC-G057PEW」を発売すると発表した。

今回の新システムは、共働き世帯が増加し、「限られた時間で様々な生活シーンを有効に過ごしたい」というニーズの高まりを受けて開発された。

新システムの特徴として、システムバスに標準搭載の浴槽自動洗浄機能「おそうじ浴槽」を、音声で操作することを可能としたことが挙げられる。これにより「アレクサ、ノーリツでおふろを洗って」と話しかけるだけで浴槽の掃除が可能となった。