ジョンソンコントロールズ、920MHz帯無線ネットワークでセンサーとBAシステムのワイヤレス接続を実現

これまで建物の温湿度などを計測するセンサーの多くが有線で接続され、無線に対応する製品には、Wi-Fiと同じ2.4GHz帯の製品が多く使用されてきた。また、センサーとBA(ビルオートメーション)システムを接続するためにはシーケンサーや電気、ガス、水道などを監視するためのリモート盤などの設置が必要だった。

そこで、ジョンソンコントロールズ株式会社は、920MHz帯無線ネットワークを採用し、温湿度などの環境情報を計測するワイヤレスセンサーと中央監視システムの無線接続を実現する「ゲートウェイ」をセイコーインスツル株式会社と共同開発し、これを活用したワイヤレスソリューションを2019年2月から提供開始する。

開発された「ゲートウェイ」はオープンな通信プロトコルであるBACnet MS/TPへの接続を実現した。920MHz帯無線ネットワークは電波の回り込みに優れているため電波到達性が高く、障害物があっても安定した通信ができることから、つながりやすい通信環境を実現しながら、屋外ではWi-Fiの3倍、室内環境においてはWi-Fiの2倍にあたる30mの通信が可能になる。

ワイヤレスソリューションを活用することで、複雑な配線工事が不要となり、省施工・省スペース化が可能になる。また、温湿度センサーやCO2センサー、照度、電力計量などのさまざまなワイヤレスセンサーをシームレスに接続することができ、これまでよりも詳細なデータを収集することで、ビッグデータを活用した快適環境の実現と省エネ施策の立案にも繋がる。レイアウト変更や増改築にも対応できるため、低コストで高効率なスマートビルを実現する。

ワイヤレスセンサーには、長寿命の電池式が採用され、メンテナンスの手間も軽減している。

Previous

サイバネット、ビーライズ製VR活用の安全教育用ソリューション「VR安全シミュレータ」販売開始

三井不動産レジデンシャルとFujisawa SST協議会、AI・IoT技術で健康と美容を追求したライフスタイルを提案

Next