イオンリテール、IoT活用のクラウドシステム導入でHACCP対応

昨年6月の改正食品衛生法の公布により、小売業にもHACCP(ハサップ)対応の準備が求められている(※1)。これまで、イオンリテール株式会社が運営するイオンでは、各店が同じレベルで安全・安心な食品を提供できることを基本として取り組み、運用が確実におこなわれている実証として、継続的な記録が要であると考え、店舗では必要なデータの記録・管理を手書きの帳票形式で行ってきた。しかし、記録記入時間に加え帳票管理に相当な労力が割かれていた。

こうした中、イオンリテールと株式会社サトーは、運営する各店舗における食品調理加工工程や商品管理に係る衛生情報の効率的な記録と一元管理を実現する、IoTを活用したクラウドシステムを構築し、2020年6月までに、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約400店舗への展開を目指す。

HACCP対応の要となる各データを効率的・自動的に記録しクラウド上で一元管理することで、国内に展開する店舗すべての情報を管理者が同じ条件で、タイムリーに確認することができる。また、同システムは、商品の適切な管理として重要な記録となる冷凍・冷蔵機器の温度管理において各機器メーカーと連携し、冷凍・冷蔵機器の違いに関わらず、すべてを同じ画面で自社の商品管理ルール情報も取り込みながら、きめ細やかな管理が可能になる。

なお、同システムを導入することで、イオンリテール運営各店の従来作業時間と比較し約50%(※2)の省力化が見込まれている。

※1 2018年6月に公布され、2020年6月までに施行の改正食品衛生法では、原則として全ての食品等事業者(小売業・外食などを含む)に、国際的に推奨される食品衛生管理手法であるHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが盛り込まれている。HACCPでは、食品製造工程上の危害要因をあらかじめ予測し、危害を防止するための重要管理ポイントを特定した上で、そのポイントを継続的に記録管理していくことが求められる。
※2 作業人時は大型店舗における月間の数字例。効果は一部推定値含む。

Previous

NEC、生産ラインのスループット向上を支援する「ロボット導入トータルサポートパッケージ」を販売開始

安川情報システムと西鉄グループ、自動販売機一体型スマートバス停の実証実験開始

Next