ストラタシスの3Dプリンティング・ソリューション、GROOVE Xの家族型ロボット開発に活用

Stratasys Ltd.(以下、ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパンは、ロボットベンチャー企業であるGROOVE X株式会社が家族型ロボット「LOVOT」の製品開発に、ストラタシスの3Dプリンティング・エコシステム・ソリューションを活用していることを発表した。

GROOVE XはLOVOTの製品開発で、筐体部品など大型パーツ造形にも対応しているストラタシスの工業向けFDM 3Dプリンタ「Stratasys F370」を導入し、造形不良などのリスクを最小限に抑え、アジャイル型の開発で製品開発過程の効率化を行った。

ストラタシスの3Dプリンティング・ソリューション、GROOVE Xの家族型ロボット開発に活用

また、ストラタシスのSDFP(Stratasys Digital Factory Portal)プリントサービスを利用することで、導入している3Dプリンタ以外のテクノロジーへも気軽にアクセスし、LOVOTのアクセサリーなど新製品のアイデア検討に活用してきたという。

【GROOVE X – 3Dプリンタ活用事例】3Dプリンタによるアジャイル手法により生まれた、“愛”を育むロボット
Previous

KDDI・アイサンテクノロジーなど7者、5G活用した複数車両の遠隔監視型自動運転の実証実験を実施

FAプロダクツと日立システムズ、協働ロボット導入など工場のスマート化で協業

Next