NTTスマートコネクト・テクノプロ・ネットアップ、国内向けクラウド接続サービスを提供

エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(以下、NTTスマートコネクト)、株式会社テクノプロ、ネットアップ合同会社は様々なハイパースケールクラウドをセキュアな接続で利用できる国内向けクラウド接続サービス「セキュア・ハイブリッド/マルチクラウドインテグレーション」を3社で展開する。

「セキュア・ハイブリッド/マルチクラウドインテグレーション」では、セキュアなインフラ基盤上でデータを一元管理し、様々な機能用途に合わせてハイパースケールクラウドを選択・活用することで、コンピュート機能とデータを切り離し、ユーザーに拡張性と安全性に優れたクラウド利用環境とインテグレーション提供する。

同クラウド接続サービスには、NTTスマートコネクトの「スマートストレージ」および「クラウド クロス コネクト」、ネットアップの「NetApp Private Strage for Cloud」によって構成され、テクノプロのインテグレーションを組み合わせて、3社が保有する国内チャネルによって全国に展開される。

NTTスマートコネクトの「スマートストレージ」は、高速処理を実現する「ハイスピードプラン」と、ユーザーがストレージ機器を専有できる「プライベートプラン」が選択可能で、ハイパースケールクラウドのコンピュートと、スマートストレージ上のデータを切り離して安全に管理できる。

閉域マルチクラウド接続サービス「クラウド クロス コネクト」はNTTスマートコネクトのハウジングサービス・クラウドサービスや主要なメガクラウド事業者が提供するクラウドサービスとユーザーのネットワークを接続するサービスだ。

また、ネットアップの「NetApp Private Strage for Cloud」は、さまざまなクラウドサービスに対して利用でき、データの透過的な利用とコントロールを可能にするソリューションである。

テクノプロのインテグレーションによって、ユーザーにとってより最適なクラウド環境の提供が可能となり、ユーザーが自社のネットワークを接続するだけで、インターネットを介さずハイパースケールクラウドサービスを利用できる。そのため、セキュアな環境を実現するだけではなく、今後のエンタープライズ領域の基幹システムのクラウド移行、BCP対策、DXビジネス(AI連携)、IoT等の分野での活用が想定されている。

※同サービスのハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドとは、ハイブリッドクラウドについてはオンプレミスおよびクラウド、プライベート、ハイパースケールクラウド併用、マルチクラウドについては異なるハイパースケールクラウドサービスの併用と定義している。

Previous

NEC、カメラ映像で顔や体の一部が見えない人物の照合が可能な「人物照合技術」を開発

CES2019で見えた、「描かれた未来」がまだこない理由 ―八子知礼×小泉耕二【第14回】

Next