国土交通省、スマートシティの実現に向けて206団体からの提案を公表

国土交通省は、昨年12月14日から本年1月25日まで、企業、地方公共団体等を対象にスマートシティのシーズ・ニーズに関する提案募集を実施してきた。

提案募集の結果、145団体から293件の技術提案、61の地方公共団体から272件のニーズ提案があり、本日、その内容を公表した。企業や地方公共団体等が、この提案内容を参照することで、構想を具体化させるなど、各地域での取組みへの活用が期待されている。

今春以降にモデル事業を実施するなど、関係省庁とも連携を図り、スマートシティの取組を加速化していくとした。

各団体からの提案はこちらを参照。

出典:国土交通省ホームページ

Previous

Cybershoes、VR空間内を自由に歩行できる家庭用VRデバイス「Cybershoes」開発

ウェザーニューズ、混合型雪面状態をリアルタイムに自動認識する「AI道路管理支援システム」のプロトタイプを開発

Next