ソフトバンクショップでPepperの店頭販売開始

ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンク株式会社は、2016年1月28日より、約100店舗のソフトバンクショップおよびホームページで自分の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」を販売開始する。

 

Pepperの一般販売モデルは、2015年6月から毎月1,000台をホームページにて販売し※、毎月1分で受け付けを終了する状況が続いてきたが、1月28日以降は約100店舗のソフトバンクショップまたはホームページでいつでも申し込み可能になる。また、Pepperを販売するソフトバン クショップには一般販売モデルのPepperを設置し、顧客が購入前にPepperとのコミュニケーションを実際に体験できるようになる。

なお、一般販売モデルを販売する店舗では、「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」の予約受け付けも開始。

取扱店舗の一覧はこちらを参照。

 

※ 9月以降は1,000台に一部特別販売分が含まれる。

 

【関連リンク】
ソフトバンクロボティクス
ソフトバンク

Previous

ACCESS、ジャガー・ランドローバーの次世代車載システムのブラウザに「NetFront Browser NX Automotive Profile」が採用

SSP「fluct」、人工知能搭載の米国DSP「Rocket Fuel」と連携

Next