NEC、商品が香るネットショッピングを想定したVRシステムを開発

2021年以降、5G回線内蔵の小型・軽量VR端末の普及する可能性があり、VRショッピングが一般化すると推測されている。

このほど、日本電気株式会社(以下、NEC)は、商品の香りを体験しながら仮想店舗内でのネットショッピングを想定したVRシステムを開発した。同システムは、ベンチャー企業であるVAQSO Inc.のVRから香りを発生させる技術を活用し、仮想店舗内で商品に近づくと、VRヘッドセットに取り付けられたデバイスから商品の香りが発生し、自宅にいながら嗅覚も合わせた臨場感ある買い物体験ができる。

Previous

Ridge-iと荏原環境プラント、ごみ識別AIを搭載した自動クレーンシステムを開発

三陽商会とファッションポケットが業務提携、AI活用で売上・粗利の最大化と在庫の適正化を目指す

Next