HERE、位置情報データを扱うAI研究機関を設立

企業:

地図とロケーション・プラットフォーム・サービスを提供するHERE Technologies(以下、HERE)は、人工知能先端研究所「Institute for Advanced Research in Artificial Intelligence(以下、IARAI)」をオーストリア、ウィーンに設立する。IARAIは、産業界規模で位置情報データを扱う機械学習の研究機関である。

独立系機関として運営されるIARAIは機械学習の研究を通し、自動運転車両のための位置認識の強化、自己修正型地図の高精度化、予測渋滞情報モデルの改善、フリートマネージメントや都市インフラの最適化など、Autonomous World(自律化する社会)の実現に必要な位置情報の更なる進化を目的としている。

AIアルゴリズムは膨大な数のデータポイントから複雑なパターンを抽出し、その過程で自己修正やパターンの学習を行う。IARAIでは、こうしたアルゴリズムを位置データへ適用し、産業界や社会が抱える位置情報に関する喫緊の課題に取り組む。

HEREは、独自のデータセットと専門知識の提供を行い、今後5年間に、IARAIの施設や研究職に対する資金など、同機関の発展を促すために2,500万ユーロを超える経済面での支援をする。

Previous

ソフトバンク、法人向けサービスの共創を推進するパートナープログラム「ONE SHIP」を開始

and factory、IoT体験型宿泊施設「&AND HOSTEL」を浅草と三ノ輪にオープン

Next