VIOの映像監視システム「ArgosView」とISPのAIエンジン「SENLI」が連携、製造業向け映像ソリューション開発を加速

近年、映像活用へのニーズは、VMS(映像管理ソフトウェア)やAI技術の進歩により、目視確認による映像監視や単純な録画だけではなく、危険検知情報の自動通知や映像データのマーケティング活用まで広がっている。一方で、画像解析・AI技術の利用は、自動運転、医療画像診断等の分野では成果を上げているが、個別のシチュエーションに対する学習には膨大なデータと時間、コストが必要だった。

このような中、パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(以下、VIO)は、株式会社システム計画研究所(以下、ISP)と共同で、VIOが開発・販売する映像監視システム「ArgosView」とISPの監視カメラソリューション向けAIエンジン「SENLI」を連携し、画像処理によるAGV(自動搬送装置)の異常検知を行うなど、製造業向けの映像ソリューション開発を加速させる。

「ArgosView」は業務システムや設備センサとの連携性が高く、また「SENLI」をはじめとしたISPが有するAIエンジンは独自技術により少量データでの高速学習ができるため、製造業向けに迅速かつ効率的な映像ソリューション開発が実現できる。

第1弾として、工場や物流倉庫で用いられるAGVの走行ルートに障害物や脱路、異常停止を自動検知するソリューションを開発予定だ。経路上に多数のセンサを設置することが困難な場合でも、画像解析技術では、一つのカメラで複数の検知が可能となる。センサでは区別が難しかった特定の障害物や事象のみの検知も、画像解析技術によって実現が期待されている。

VIOの映像監視システム「ArgosView」とISPのAIエンジン「SENLI」が連携、製造業向け映像ソリューション開発を加速
ISPのAIエンジン「SENLI」の解析イメージ
Previous

ティアフォー、完全自動運転EVを使ったモビリティサービス「One Mile Mobility」の試験運用を開始

オプティムとNTTドコモ、固定翼型ドローンとLTE活用した目視外長距離飛行での広域リアルタイム映像伝送の実証実験を実施

Next