安川情報システム・西鉄グループ・岩手県交通、スマートバス停の実証実験を盛岡市内で開始

岩手県交通株式会社では、県内を中心に広範なエリアに多数のバス停留所を有しており、ダイヤ改正時等でのバス停表示の一斉入替えが大きな負担となっている。

少子高齢化時代に向け、限られた労働力をIoT技術の活用で補う目的で、安川情報システム株式会社と西鉄エム・テック株式会社、岩手県交通は、安川情報システムと西鉄エム・テックが共同開発したIoT技術を搭載したバス停「スマートバス停」を用いた実証実験を、2月20日から約1年間、岩手県盛岡市内の「盛岡バスセンター(ななっく前)」バス停で開始する。

スマートバス停とは、デジタルサイネージなどに時刻表や運行情報、告知文や緊急案内、広告などをリアルタイムに提供するバス停で、対象の曜日や時間帯の文字サイズを自由に設定することもできる。また、遠隔操作が可能で、時刻表等の張替え作業などの管理作業が不要となるため、働き方改善や時刻表の印刷紙等の削減にも繋がる。

同実証実験では、視認性の高い大型モニターを採用し、バスの時刻表や告知文、緊急案内など様々な情報を提供することで利用者の利便性効果を検証する。ヒーターを付属させて寒冷地でも機能維持ができるかも、併せて検証する。

Previous

立体音響技術を活用した「聞こえる地図」の実証実験をつくば市で実施

Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス・IoTデータセキュリティ対策「Keychain DPI」リリース

Next