パナソニックの「帳票認識ライブラリー」に、AI活用で手書き文字認識精度を向上したオプション製品を提供開始

手書き文字は文字サイズのばらつきや書き癖など機械による読み取りが困難な文字が多く、正確なデータ化に課題がある。すでにOCR(※)を活用した紙文書の電子化は進みつつあるが、現場では業務効率化の手段としてより高精度なOCR技術が求められている。

パナソニックソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック)は、「帳票認識ライブラリー」のオプション製品として、手書き文字の認識精度を改善した「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」の提供を開始した。

「帳票認識ライブラリー」は、スキャンした注文書、勤怠管理表、アンケートなどの帳票画像から、活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどを認識し、編集可能な電子データに変換する、帳票向けOCRソフトウェア開発キット。今回、パナソニックはこの製品に、手書き文字のさらなる認識精度向上を狙いとしてAI技術を付加した。

ディープラーニングを活用した「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」は、申込書や請求書、アンケート用紙などにおける住所、氏名、会社名、電話番号の手書き文字について従来より認識精度を高めることができ、手書き文字の誤読率を同社の従来製品より75%改善したという。

「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」の特徴は次のとおりだ。

  1. 隣接文字同士が接触している手書き文字の認識に対応
  2. 「村」など、部首が左右に分かれている漢字の認識に対応
  3. 「パナソニック」の「ッ」など、カタカナの小さい文字の認識に対応

※ Optical Character Recognitionの略。光学的文字認識。

Previous

東芝テックと近商ストア、スマートフォン・AIによる映像解析技術を活用したレジ業務無人化の実証実験

荷主と配送ドライバーをマッチングする「PickGo」、登録ドライバーが1万人以上に

Next