荷主と配送ドライバーをマッチングする「PickGo」、登録ドライバーが1万人以上に

物流業界には、数多くの中間プレイヤーが存在し、荷主とドライバー間のみで情報の取り次ぎを行うため、情報伝達や費用面での非効率が発生する原因となっている。このような課題を解決するために、CBcloud株式会社は、荷主と配送ドライバーを直接マッチングするサービスである軽貨物マッチングプラットフォーム「PickGo」を提供している。

「PickGo」には次の特徴がある。

  1. 全国地域を問わず、配送の手配が可能
  2. 荷主は、見積もり金額がすぐにわかり配車のスピード・配送状況がリアルタイムにわかる
  3. 突発的に発生する「緊急便」や、日時指定した単発の依頼ができる「スポット便」、定期的に同じドライバーに配送してもらえる「定期便」などがある
  4. ドライバーの評価制度があり、荷主はその評価をもとに、依頼するドライバーを選択できる

そして今回、CBcloudは「PickGo」の登録ドライバー数が1万人を超えたと発表した。前年2月のドライバー総登録数と比較して、3.2倍にまで増えた。ドライバーからは次のような声が上がっているという。

  • 空き時間を有効活用して好きな仕事を選ぶことができる
  • 「PickGo」で獲得した報酬を、稼働した当日いつでも銀行・ATMから引き出すことができる
  • 全国各地からの配送依頼が増えている
  • 評価制度により、努力したドライバーが仕事を獲得しやすくなる
Previous

パナソニックの「帳票認識ライブラリー」に、AI活用で手書き文字認識精度を向上したオプション製品を提供開始

シグニファイジャパン、建造物向けIoT照明ソリューション「Interact Landmark」を発表

Next