リクルートテクノロジーズ、カギを持たずに物件内覧できる「キーレスエントリーシステム」を提供

株式会社リクルートテクノロジーズは、スマートキーを活用した不動産内覧の試用を1月12日に開始したと発表した。

キーレスエントリーシステムとは、キーを物理的にカギ穴に差し込まなくても、ドアロック制御システムを通じて、ドアの解錠/施錠ができるシステムだ。

同取り組みは、大東建託株式会社の協力を得て、同社グループが管理する集合住宅1棟の空室玄関ドアに、不動産管理専用に独自開発したリクルートテクノロジーズ製「オートメーションキー」を設置するもの。オートメーションキーを利用すると、物件内覧時、仲介会社担当者は、スマートフォンの専用アプリを通じて、玄関ドアの解錠と施錠ができる。

 

【試験運用開始の背景】

従来、仲介会社が内覧案内する際は、鍵を預けている管理会社に鍵を取りに行く手間が発生していた。

そこでリクルートテクノロジーズの研究開発機関アドバンスドテクノロジーラボが、IoT技術研究の一環として開発するキーレスエントリーシステムを大東建託グループが管理する賃貸物件向けに提供。仲介会社のスマートフォンが一時的に物件の鍵となるキーレスエントリーシステムの仕組みを構築し、試用を開始した。

これにより、鍵を管理会社に取りにいく必要がなくなり、いつ誰がどの鍵を解錠・施錠したかを把握できるようになり、内覧業務の効率化や、入退室に関するセキュリティ面の強化も実現した。

 

【不動産管理に特化した「オートメーションキー」の特長】

従来のキーレスエントリーシステムは、一般生活者(居住者)による利用を想定したもので、通信手法の仕様により「同一のドアの鍵を7個しか作れない」といった制約があった。一般生活者にとっては「一家に7鍵」あれば十分であっても、複数の物件を複数の担当者で管理する不動産会社にとっては、利便性が乏しいものとなっていた。

今回は利用対象を不動産管理者へ絞り込んだ開発により、物件内覧業務に最適な機能を実現している。中央管理によって、「1物件あたりの案内担当者数」や「1担当者あたりの管理物件数」の制限なく、スマートフォンアプリさえあればドアを開閉できる仕組みを実現。

 

また、リクルートテクノロジーズ製オートメーションキーは独自の構造によって、既存システムが対応できなかったサムターン形状にもに対応。幅広いサムターン形状に対応できるのみならず、工事やオプションパーツなしで設置・取り外し可能だ。粘着シートも不要で、設置痕が残る心配もない。

リクルートテクノロジーズ、カギを持たずに物件内覧できる「キーレスエントリーシステム」を提供

リクルートテクノロジーズ、カギを持たずに物件内覧できる「キーレスエントリーシステム」を提供
スマートフォンアプリ操作画面

 

今後は物件内覧だけでなく、シェアハウスや民泊など、多数の鍵利用者が必要となる施設での活用も視野に入れている。

 

【関連リンク】
リクルートテクノロジーズ
大東建託

Previous

Makuake、村田製作所と「IoTアイデアコンテスト」の公募を開始

富士重工、スバル運転支援システムアイサイト搭載車の事故率は非搭載車比、約6割減

Next