IoTBASE、LPWA対応のIoTアプリケーション構築プラットフォーム「IoTBASE」提供開始

企業:

IoT業界は2022年には11.7兆円を超える国内市場規模があるとされており、IoTに特化した通信方式や端末が登場し、様々なビジネスアイディアが生まれている。しかし、IoTアプリケーションの開発には多大な時間やコストが掛かり、ハードウェア・ソフトウェア・回線など幅広い知見と経験が必要である。

このほど、IoTアプリケーションの開発・サービス提供を行う株式会社LiveRidgeは、LPWA対応のIoTアプリケーション構築プラットフォーム「IoTBASE」をリリースし、社名をIoTBASE株式会社に変更したと発表した。

IoTBASEは、IoTアプリケーションで多く利用される汎用的なバックエンド機能を提供して、アプリケーション開発を効率化するサービスである。クラウド上に用意された機能をAPIで呼び出すだけで利用できるため、サーバーの設計・開発・運用不要でバックエンド機能をアプリに実装することができ、工数削減によるコストカット・スピードアップに貢献する。アプリケーションのリリース後もサーバーの運用は不要で、工数を大幅に低減することができる。

また、Sigfox、LoRaWAN、LTE-M、NB-IoT等の多様なLPWA通信方式や、位置情報、温湿度、照度、ジャイロ、加速度、バッテリー残量等の多様なセンサーを接続サポートしており、通信方式、センサーは今後も拡張が予定されている。

IoTBASE、LPWA対応のIoTアプリケーション構築プラットフォーム「IoTBASE」提供開始

IoTBASEで構築できるアプリケーション例は以下の通り。

  • インフラ系 
    インフラ監視、防災管理、ゴミ残量管理、デマンドバス管理 等
  • GPS位置系
    子ども見守り、高齢者見守り、作業員管理、資産管理、車両管理、ペット見守り 等
  • 現場業務系
    設備保全監視、建築/工事現場管理、来客人数管理、交通量調査 等
  • 状態監視系
    登山・スポーツ、屋内外測位、鳥獣わな監視、スマートホーム 等
Previous

マネーフォワード、機械学習・深層学習技術を用いて金融データ利活用の研究を行う「Money Forward Lab」設立

ユー・エス・イーとオーシャンソリューションテクノロジー、AI活用の漁業者向けサービス「トリトンの矛」開発

Next