PALTEKとRist、FPGAを活用したAIソリューションで協業

株式会社PALTEKと株式会社Ristは、FPGAを活用したAIソリューションでの協業を開始する。

Ristは、ディープラーニングや機械学習を活用した画像・動画処理システムの開発を行っている。ディープラーニングを用いた目視・画像検査自動化サービス「Deep Inspection」を提供しており、製造業を中心とした多様な製品・対象群に向け、機械学習を活用した検査技術を開発している。医療分野では、各種大学・病院と連携し医療画像に基づく疾患診断支援システムの構築・提供を行っている。

PALTEKは、日本のエレクトロニクスメーカーに対して、FPGAやその他の半導体などを活用した製品開発支援、技術サポート、エッジAI向けのモジュールやFPGA向けのAI開発環境の提供を行っている。

両社の協業により、エッジAIソリューションの強化を図るとともに、推論だけでなく学習を含めたAI導入実現の支援が可能になるという。

Previous

日立、IoTデバイスのセキュリティ対策や稼働管理を支援する「JP1 for IoT」販売開始

実装へと進むAI社会 ーTHE AI 3rdイベントレポート

Next