金沢工業大学とNTT西日本、Society5.0社会に向けた次世代教育環境の構築に関して連携協定締結

金沢工業大学では、Society5.0に対応できる人材育成を目指しており、Society5.0社会に向けた新たな次世代教育環境の構築・体制づくりには、ICT環境整備が不可欠であり、重要課題と位置付けている。また、西日本電信電話株式会社金沢支店(以下、NTT西日本)では、これまで培ってきた教育分野での実績を活かし、ICT化への支援ができないかと検討を進めてきた。

このような中、金沢工業大学とNTT西日本は連携協定を締結した。今回の連携では、Society5.0社会での新しい教育環境の構築と普及、ICTを活用したサービス等の検討や開発・実証研究などを行う。

Previous

ソニーネットワークコミュニケーションズの「FAIT」、家族の健康管理や見守りも可能な新機能を提供開始

JAL・KDDI等、5Gを活用した航空機整備の遠隔作業支援を行う実証実験を実施

Next