ソフトバンク、自社のサービスなどをGoogle アシスタントで教えてもらうことが可能に

ソフトバンク株式会社は、Googleアシスタントに話し掛けることにより、「ソフトバンク」のサービスや料金プランなどについて教えてもらうことができるサービスを、本日提供開始した。

今回のサービスは、Google Pixel 3をはじめとするAndroid搭載スマートフォンやGoogle Home、Google アシスタントのアプリをインストールしたiPhoneなどを通して、音声だけで質問できるため、利用者は手軽にサービス内容などを聞くことができる。

また同サービスでは、顧客がGoogle アシスタントを起動して「OK Google、ソフトバンクにつないで」と呼び掛けると、料金プランやキャンペーン、データ通信量、契約状況などについて教えてもらうことができる。

例えば「ウルトラギガモンスター+(プラス)について教えて」と問い合わせると、料金プランの内容の説明を聞くことができる。

従来はソフトバンクショップやカスタマーサポート、My SoftBank、「ソフトバンク」公式LINEアカウントのトーク上などで確認していた内容を音声でも確認できるようになるため、これまで以上に手軽に利用できることが期待されている。

Google アシスタント に対応。声で聞けるソフトバンク、始まる 〜使い方〜
Previous

タイムズ24、ESRの物流施設で予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」を提供開始

第6回「IoT Lab Selection」が開催、グランプリはヒナタデザインの「実物大AR」

Next