【4/13(土)~4/16(火) 香港で情報通信展 開催迫る】エレクトロニクス総合展も同時開催

PR

香港の政府系機関である香港貿易発展局は2019年4月13日(土)から16日(火)に香港コンベンション&エキシビションセンターで情報通信技術展『インターナショナルICTエキスポ』を開催する。中国科学技術部の直轄機関である火炬(たいまつ)高技術(ハイテク)産業開発センターおよび香港特別行政区政府の資訊科技総監弁公室(Office of the Government Chief Information Officer:OGCIO)と共催する。今回で16回を数える同展は、「スマートシティー・スマートリビング」をテーマに据え、600社を超す出展者が関連の製品・サービスを幅広く取りそろえ、世界のバイヤーに向けて売り込む。

公式サイト(英語):
HKTDC Hong Kong Electronics Fair (Spring Edition) : hkelectronicsfairse.hktdc.com
HKTDC International ICT Expo : ictexpo.hktdc.com

IoTNEWS_HongKong005

同一会場では、エレクトロニクス総合展『香港エレクトロニクス・フェア』が同時開催される。両展には世界各国から計3500社・団体を超す出展者が参加する。エレクトロニクス関連の総合展としてはアジアで最大規模になる。昨年は世界151カ国・地域から計9万8000人以上のバイヤーが来場しており、今年も同規模の参加を見込んでいる。

行政の電子化を紹介する「スマート・ガバメント・パビリオン」を設置

「スマートシティー・スマートリビング」に関連するものとして具体的には、スマート・エコノミー、スマート・エンバイロメント、スマート・ガバメント、スマート・モビリティー、スマート・ピープルなど、ビジネスや生活のさまざまな側面にスマート技術を導入・活用した事例が紹介される。中でも、共催者のOGCIOが「スマート・ガバメント・パビリオン」を特設し、電子化された身分証明(eID)、環境関連データの収集もできるスマート街路灯、車載装置との連動によるインテリジェント交通システム、運転教習への仮想現実(VR)の応用などに関連した技術を展示する。 同パビリオンにはまた、イノベーション&テクノロジーを公共サービスに導入するための実験的な試みにも焦点を当てる。

複数のフランス企業が出展する「ソー・フレンチ、ソー・イノベーティブ(So French So Innovative)」パビリオンでは、STマイクロエレクトロニクスの「STM32Cube.AI」と呼ばれるツールが展示される。一方、シュナイダーエレクトリックは、各市場にIoT対応ソリューションを提供するためのプラットフォーム「EcoStruxure」を披露する予定。その他、Capgemini、Dragages、Thales、RATP-Transdev、Suez and Surysなどがフランスのイノベーションの最前線を紹介する。

同展にはさらに、香港を代表するユニコーン企業(評価額が10億ドル以上の未上場企業)で画像認識領域に強みを持つセンスタイムが、顔認識、映像分析などに関する技術を展示する。同社のアルゴリズムは、中国本土の多くの都市で実施されているスマートシティーやセーフシティーに関連したプロジェクトで既に採用されており、注目が集まる。他にも、香港政府系ITベンチャー育成機関であるサイバーポートや香港政府系研究開発拠点の香港サイエンス・テクノロジーパーク、香港・マカオの銀行 ATMネットワークである銀通(Joint Electronic Teller Services Limited, JETCO)、香港の空港を主管する香港空港管理局などの地元勢に加え、マイクロソフトやNECなどが出展する。

業界分析セミナーも多数開催。世界の業界リーダーが最新の知見を共有

会場ではまた、サイバーポートと共同で「インターネット・エコノミー・サミット」が開催される。40以上の基調講演やパネルセッションが開催され、業界の最新の知見が共有される。スピーカーとしては、中国のアリババイやテンセント、衆安保険などのほか、米国のヒューレットパッカード、ツイッター、アマゾン・ウェブ・サービス、ツイッター、仏保険大手アクサなどの代表者が登壇する予定となっている。

IoTNEWS_HongKong003

IoTNEWS_HongKong006

香港では近年、スタートアップ企業の支援体制が拡充されている。香港貿易発展局もこうした流れを受け、同展内に「スタートアップゾーン」という特設スペースを設ける。標準ブースに比べてコンパクトな展示設備ながら、世界中から来場する投資家やバイヤーに幅広く自社をアピールする格好の場となるもので、モバイルアプリケーション、IoT(モノのインターネット)、コンシューマー技術、オンライン・ヘルスケア技術、ロボティクス、デジタルビジネスなどの関連技術が展示される。投資家とのビジネスマッチング、製品デモやピッチング、メディア向けイベントなども合わせて開催される。

お問い合わせは、香港貿易発展局 東京事務所(Tel: 03-5210-7150、Fax: 03-5210-5860、Email: tokyo.hotel.air@hktdc.org)または大阪事務所(Tel: 06-4705-7030、Fax: 06-4705-7015、Email: osaka.office@hktdc.org)まで。

 

公式サイト(英語):
HKTDC Hong Kong Electronics Fair (Spring Edition) : hkelectronicsfairse.hktdc.com
HKTDC International ICT Expo : ictexpo.hktdc.com

Previous

日産、産学連携で開発した「AGV状態監視モニタリング技術」のライセンスを日本マイクロシステムに供与

NTTドコモ、AIを活用したオンデマンド交通システム「AI運行バス」提供開始

Next