ライカ ジオシステムズ、写真撮影で3次元測定データを取得できる「Leica BLK3D」発売開始

ライカ ジオシステムズは、スマートフォンのように写真撮影するだけで3次元測定データを取得できる「Leica BLK3D」の販売を開始する。

BLK3Dは、測定センサー、ソフトウェア、オンデバイス・エッジ・データ・プロセッシングの組み合わせによって、イン・ピクチャ測定を可能にしている。BLK3Dによって取得されたイメージには、三次元測定データが含まれており、簡単な指の操作だけで測定が行える。

デスクトップソフトウェアでは、新規プロジェクトの作成、測定値から3Dモデル化されたCADデータの生成も行える。BLK3Dはノートパソコンやデスクトップパソコンに、WiFiでシームレスで接続でき、データは自動的に同期が取られ、測定イメージにアクセスし、デスクトップ・アプリケーションで整理が行える。

平面図作成、建築物の設備の見積、建築・建設の工程管理、アズビルド図面の作成に貢献する。

Measuring from images with the BLK3D
Previous

IDC、AI用ITリソースはデータ保護の観点からオンプレミスが5割強・クラウドが3割強と発表

NEC、クアラルンプール大学と共同でSD-WANの実証実験を実施

Next